遊びがなんとなくありがたく思えてくる話③~ごっこ遊びと個性誕生~

  • ごっこ遊びはそれぞれが構築した世界観のすり合わせ
  • お披露目の場としてのごっこ遊び
  • 上下関係はごっこ遊びを通して強化されるべきかどうか
  • ごっこ遊びと個性の誕生

ごっこ遊びはそれぞれが構築した世界観のすり合わせ

ごっこ遊びに至るまでを力説してまいりましたが、いよいよごっこ遊びも最終章です。

ひとまず前回のおさらいをすると、なりきりとごっこ遊びには違いがあります。

なりきりは基本的に1人が誰かになることです。したがってなりきった様が他者から見てどうであるとかこうであるとか、そういったことがないんですよね。

一方でごっこ遊びは他者がいないと成立しません。

このときの他者とは人に限りません。例えば動物(ペット)を友達に見立てて遊んだり人形を悪者に見立てたりと、要は自分が演じている誰かの他に、世界を持つ誰か(何か)がいれば良いのです。

これが人間同士であれば、ごっこ遊びの場は「僕の作った世界とあなたの作った世界と合わせてみようね。」ということを実践する場になるんですね。

あ、ちなみにごっこ遊びを人形やおもちゃで延々と続けられる子たちの頭の中は、常にその子の思惑通りではないと思います。

むしろその逆で「自ら逆境や反発、『こうしたら幸せなのに』という状況からの逸脱」を望むので延々と続けられるのではないか、と思います。

男の子がわかりやすいかもしれませんのでパターンを2つに分けてみます。

<パターン1>ゴール思考型

シンプルに「ヒーローになる!」という目的がはっきりしているので、ヒーローになるための困難をあまり想定しません。したがって目的が達成されれば終了するので人形などを使った遊びは向かないように思います。むしろ何度もヒーローになる感覚を得るためにごっこ遊びを繰り返すかもしれません。

<パターン2>ストーリー思考型

反対に「ヒーローになりたいけど・・・」みたいな子だったら、「自分はヒーローの器じゃない。」とか「ヒーローってこんなのじゃないよ!」みたいに行ったり来たりするのでストーリーがスムーズに運びません。だから人形などを使って遊んでいても二転三転が当たり前なので飽きないのではないかと考えています。その代わり自分が納得するエンディングというのが分からないのでごっこ遊びに終わりが見えません。

(皆さんはどちらですか?)

お披露目の場としてのごっこ遊び

こうした視点も子どもに対するアプローチを変えるために必要な視点ではあると思いますが、どちらであってもごっこ遊びはそれまで自分が構築してきた世界のお披露目の場であり、それを擦りあわせることによって自分の世界を新しく再構築しようとします。

するとごっこ遊びにとって「互いの世界を接触させて融合させていこうとする試行錯誤」は必要不可欠なので、安易に単一の世界に持っていくのはNGになるのですね。一方には自己の世界が正しいと思わせ、一方には自己の世界の失敗を認めさせることになるから。もちろん暴力はNGですが、これについても安易に「たたいたから悪い!」と決めつけてはならない理由がここにありました(発見)。

上下関係はごっこ遊びを通して強化されるべきかどうか

ちょっと話がそれますが、ごっこ遊びは他者が存在するのでこの時「子供同士の間で上下関係が発生する」ことになります。出生時期、体格差、言語活動量、表情など、上下関係を生み出す要因は様々なので一概に「こうである」ということは難しいのですが、ごっこ遊びに限らず遊びにおいて上下関係があらわれるのは自然なことかなと思います。ヒーローになりたい子が「僕がヒーローになる!」と発言し、体格が良く言葉の数も多かったら大体他の子が怖気づいてしまいますからね。

ごっこ遊びを通じて上下関係は強化されるべきではない、と思いますが、これまでの理屈からすると単に「みんな平等だから!」というのも彼らにとっては不自然な話なので、上下関係をつけるなら良い結末に導くよう働きかけるべきだと思います。

良い結末とは何か。「みんな仲良し。」ではなくて「あなたはヒーローになったのだから、ヒーローとして果たすべき務めがある。」「悪者の役を引き受けてくれたあなたは影のヒーローだ。次は本物のヒーローの番だね。」といったように(大人のセンスが問われる)。

ここまでシンプルではないと思いますが、ごっこ遊びは他者との世界観のすり合わせの場であると考えれば、大人の知恵が働きかけるのはごっこ遊びを同質にするようにではなく、ごっこ遊びを通してそれぞれが演じた役割に対して肯定的、そして自律的に声掛けを行うことでしょう。

ここに「大人の共感した振る舞い」ということが生まれてくると思うんですけど、両者の世界について「Win-Win」の状況に持ち込めるかというのはやはり重要なんですよね。その前提として両者の世界を認めることから始めなければならない。その上で2人がそれぞれに試行錯誤して作り上げた社会観を融合させる。

これ、大人の世界でいうところの「他者理解」ということですよね。

彼らは彼らなりの世界を、社会構築しようとしているのであって、その世界がどのような世界か、どのような世界になっていくのかを観察してみる。これはとても面白いと思います。


ごっこ遊びと個性の誕生

 さて、他者がそこに存在するようになったということは別々の人格を持った者同士が、それぞれの世界観を融合させていく力が生まれます。

 このときはじめて個性という観念が生まれんですね。なぜそれが個性につながるかというと、個性とは他者の存在と相対的に見たときに初めて誕生するものだからです。

対大人に見せていた表情とは違った表情を見せるということは、大人が客観的に子どもが社会に対してどのようにアプローチしているのかを見ることになります。彼らはそれぞれが構築した世界をすり合わせているので、そのときおのずとこれまでに培ってきた思考、方法、関りを表現することになります。これって、個性ですよね。

 ただし常にその子の本来の姿が発揮されているわけではありません。上下関係によって抑圧されることがあるからですね。だから一場面を切り取って「こういう子だ!」と決めつけることはできないけど、複数の関係の在り方を眺めれば次第に見えてくるのではないか、と思います。

単にその子だけを見ずに、複数の関係の中からその子を見ることができるごっこ遊びはその子が個性を発揮する場としても、その子の内的力と外的力との差に気づくという点でも最良の遊びなんじゃないかと思うのです。そうするとごっこ遊びがただならぬ可能性を秘めているということに気づきました(部分的にごっこ遊びじゃなくても良さそうですね)。

遊びがなんとなくありがたく思えてくる話③~ごっこ遊び「自分再発見、なりきり」~

昨日は授業が2件ありうち1件が受験対策、その後事務作業を行いつつなりきりについて書いていたらそのまま精魂尽き果てました。

気を引き締め直してごっこ遊びのステップ3「なりきり」について考察してみようと思います。

➀なりきりは完全に「その人」となり「それ」となる

まずはじめに「模倣となりきりはどう違うのか」ということなのですが、模倣はあくまで「まねて習う」ことです。振る舞いを真似ることはあっても同化するわけではないのですね。

一方なりきるというのは「自分を変化させて別の存在となる」ことです。
話し方、動き方といった行動のみならず感情の動きや考え、そしてそこに見られる人格を取り込み自分とは違う他者になることを指します。

➁なりきり遊びは自分再構成の段階

なりきることがどうして社会構成のための試行錯誤につながるかというと、そもそも模倣することで社会的な振る舞いをゲットしようとしたところに端を欲します。

続いて見立てることを行って自分なりに社会を(仮に大人が夢の世界と言おうと)構築しようとします。

どんな社会が良いのか、世界とはこういうものだろうと目星をつけて「じゃあその世界を得るためにはこれが必要だ!」みたいになったとき、外の世界の対象を自分に取り入れなければならない対象として判断された場合に、なりきることで自分に融合させようとしているのですね。

③なぜごっこ遊びの前段階に置かれるのか

なぜなりきりがごっこ遊びに優先するかと言うとですね。

なりきりは1人で行われるけど、ごっこ遊びは人形やその他に他者を投影していたとしても、また複数で行っていたとしても他者が存在するからです。

例えばおままごとはより現実に近いのですが、現実とはちょっと違う。

中には現実を投影させすぎてて保護者が恥をかくことも大いにありますけど、でもそのときの幼児って自分が作り上げた世界の中で自分を変容させ、もはや「それは誰かを演じている」を通り越して「その人」なのです。

それを「子供の発想ってかわいい。」という言葉で片づけるのはもったいない。

なりきりやごっこ遊びは「社会性を身に着けるための訓練」とか「創造性を育くむ重要な時期」という言葉で終わらせてしまうのではなく、彼らがなりきりやごっこ遊びを通じていかに社会を、世界を変容させているかという観点から見た方が良いのですよ。

世界の中心はあくまで彼ら、彼女らなのですから。

④なりきり遊びが働きかける4つの感情

なりきりが行われるのは感情について働きかけられたときで、かつ取り入れなければならないと判断されたときです。

大まかに以下の4つのいずれかに働きかけられたときになりきりが行われます。

1.安心感に働きかけられたとき(生存、安定)

2.恐怖に働きかけられたとき(死、危険)

3.好奇心に働きかけられたとき(成長、まい進)

4.悲哀に働きかけられたとき(停滞、衰退)

「最近の子は大人びたことをいうのね。」なんてありますけど、これは子どもを取りまく環境が変化したから吸収する内容も変わったわけですよ。キッチンや大人の会話が身近になったのはここ最近の話ですからね。

最近の子の成長が早いのではなく、元々持っていた学習能力がより生活体験や感情と結びついて発揮されていると捉えた方が良いのではと思います。

⑤なりきり遊びからごっこ遊びへ

さて、いよいよごっこ遊びに近づいてきましたね。

なりきりを経て他者の視点を自分の中に置き「世の中ってこんな感じ!」みたいなことを身に着けた乳幼児たちは、それを今度は現実の他者とぶつけてみて試行錯誤していきます。このとき1つのシチュエーションを共有しその中で役割を分け、互いの社会観をすり合わせていく作業を行っていきます。

次回は大人の共感と介在の観点も踏まえながら、ごっこ遊びのことを本気で考察してみようと思います。

清澄庭園

東京都の九庭園の1つ。

清澄庭園へ行ってまいりました。
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html

清澄庭園入口から臨める泉水は、色づいた紅葉と緑の木々が綺麗に映し出されています。


磯渡りと呼ばれる石の橋のような上を渡るのですが、周りを鯉やカモが優雅に泳いでいます。

ところで松尾芭蕉の句碑が清澄庭園にはあるのですが、

「古池や 蛙飛び込む 水の音」

なんだか懐かしい響きですが即座に思い出せず、句碑を見て「ああそういえば。」という状態でした。

しかし教科書で読むのと違ったのは、その情景がありありと思い浮かび、静寂に響く水の音を想像できたことでしょうか。

イメージを重ね思いを重ねるとはそういうことなのでしょうか。

冬の気配がいっそう、その気分をかきたてたのかもしれません。

教育観を広くする空間~edcampさいたまに参加~

edcampさいたまに参加してきました。

*edcampとは
edcampは、参加者主導で行われる、教員をはじめとする教育関係者による、教育関係者のための、プロフェッショナルディベロップメントのカンファレンスです。(http://www.edcampjapan.org/)

そこで個人が関心を抱いている教育的なテーマについてまずそれぞれホワイトボードに張りだし、グループを作って話し合いを行うというセッション形式。

私は残念ながら午後から参加&早退という形になってしまいましたが、2つのセッションに参加してきました。

1つ目が「自習について」

実際に自習を中心とした学習塾のスタッフの方、そして自習の在り方を深く考えたい方、そして自分で学ばせたい方など、それぞれの立場から自習を考えており、同じく自習の在り方を捉え直し実践している私としては大変ありがたい議論の場でした。
ここで1+1について熱弁しました。これについては改めて別記事を参照できるようにしたいところですね。

2つ目が「多様な教育機会について」

実はこれまでにも教育機会の多様性、教育内容の多様性について持論を伝えさせていただく機会を持っていたので、すっと議論に入ることができました。
でもSDGsとの関連や、プログラミング教育の可能性を煮詰めて議論したことはなかったのでこちらも新鮮でした。

皆様、ありがとうございました。
こうゆう舎では議論で得た知識をどんどん実践を通じて還元していきます。

(筆)水野のりあき

インゲン・シュナイダー先生のエクストラレッスンの講座に参加しました。

10/6 インゲン・シュナイダー先生のエクストラレッスンの講座に参加しました。

エクストラレッスンとは、ルドルフ・シュタイナーの人智学による深い洞察がベースとなり、動きを中心としたエクササイズを行うことで、困難の根底にある原因に働きかけるものです。

2016年の奈良で行われた世界大会に参加した時には、まだ概要しか掴めなかったのだけど、今回のお話は自分が実際に多くの子どもたちとセッションする中で見えてきたものを裏付け、示唆を与えてくれる内容でした。

12感覚の話が中心でしたが、発達の問題の中でよく言われるコミュニケーションや社会性というのは、実は、触覚や生命感覚、運動感覚、平衡感覚などの下位感覚と呼ばれるものと密接に関係しているということ。このことは、実際に子どもに関わる中で確信をもっていることの一つです。

感覚は、お母さんと子どもでは全く違っている場合も多くて、固有感覚が弱いから、ぎゅーって力いっぱい抱きしめてね、と言うと、びっくりされたりします。(シュタイナーでの運動感覚は、感覚統合で言う固有感覚とほぼ同じ)

でも、感覚統合の世界ではあまり言われていないけれど、シュタイナーの12感覚の中にある生命感覚は、実はとても大切な感覚です。

自分が心地よいと思える状態をこの生命感覚は作り出しています。これが、他人の考えを理解する上でとても重要。
意外と見過ごされている、生活リズムや食事、睡眠、環境をもう一度見直してみると、子どもも不思議と落ち着いてきますよ。

今回は、半日しか出られなかったのですが、もっと学びたかったなぁ。

(筆)小木曽よりこ