遊びがなんとなくありがたく思えてくる話④~あっちむいてホイでちょっと一息~

ごっこ遊びにものすごく熱を込めてしまったので閑話休題、あっち向いてホイについて考えてみることにしました。

ところであっち向いてホイって元々は祇園の遊びだったとはいえその後桂三枝によって初めに紹介されたらしく、その後萩本欽一が「スター誕生!」の審査決定までの場つなぎとして遊んでいたことがきっかけで広く遊ばれるようになったんだとか。

年代にすると1972年。なんとつい最近広まった遊びだったんですね。

ところであっち向いてホイはじゃんけんして勝った側が負けた側に対して「あっち向いてホイ」の掛け声とともに負けた側に向けた指を上下左右に向け、同じ方向を向いたら指をさした側の勝ち。違う方向を向いたらじゃんけんに負けた方はセーフ。という遊びです。

どうしてあんなに何度も行われるのか、そしてどうしてこんなにも流行ったのかを考えてみることにしました。

その中で遊びの中の緊張感、という点に注目してみるとそのヒントがありましたね。

これまでの紹介してきた遊びは体を使って相手を追いかける、追いかけられる衝動性とか、演じることによって社会を構築しようとする前提となっているとか考えてきましたが、あっち向いてホイについてはこれまでにない緊張感があるのですよ。

緊張感と集中は紙一重だと思うのですが、この緊張感がどうして生まれるのかというと

「駆け引き」ですかね。←でもココ、男性と女性だと認識が違うように思えます。

男性的な発想では駆け引きを楽しんでいると思うのですが、女性的な発想ではその場の盛り上がりを楽しんでいるので駆け引きの要素は女性に比べて男性の方が高い気がするんですよね。

この点については根拠もないのでこれ以上論じることはできませんが、でも駆け引きをシンプルに楽しめるという点では最適な遊びですよね。

緊張感は一種の不安感でもあるので、その後に起こりうることを回避したいがために生まれる感覚なのかなと。緊張感がある状態というのは常にリスクをはらんでいる状態なので、そうした緊張感への耐性を高めるためには良い遊びだと思います。

考えてみたらこの緊張感に耐えられないお子さんは結構いるんですよね。

緊張する→集中する→耐えがたさ となったときに分泌される物質の量が問題なのでしょうか。

一種の不安感に対する対処法を得る、という点ではヒントがありそうなのであっち向いてホイについて考えてみました。

掘れば掘るほど様々な側面が見えてくるのは、考察のだいご味かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です