栄眞学園高等部でのSEL学習の授業公開&説明会が終わりました

栄眞学園高等部でのSEL学習の授業公開&説明会が終わりました。

ここで行われている学習はあくまで自分のペースで行われる学習が中心です。もちろん、全体の進行や分からないところへのサポート、そしてどのようにして先に進むのが良いのかを相談しながら先に進むことができます。

発達特性はいかに診断名があったとしても、その表出のされ方は千差万別です。したがって学習方法や学習内容ななるべくオーダーメイドでなくてはなりません。
このオーダーメイド学習を可能にしたスタイルがこのSEL学習といえます。

中心はプリント学習ですが、必要があれば積極的にPCを活用したり先生に聞きに行ったりと流動的です。

そう。流動的。

これまで1つの教室で1つの形態だった学習方法を流動的にしました。
その分は変化は激しいですが、記憶として定着させるためにはこの流動性が大きな役割を果たします。

学習とは黙々と1人で取り組むものだ、という考え方はある1部の人に当てはまるのであり、一方では言語表出を必要とする生徒たちもいるので、1つの部屋では(雑談も含め)活発に意見交換がなされています。

今後はSEL学習の内容をお伝えしながら、目指す教育のカタチをお伝えしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です