教育観を広くする空間~edcampさいたまに参加~

edcampさいたまに参加してきました。

*edcampとは
edcampは、参加者主導で行われる、教員をはじめとする教育関係者による、教育関係者のための、プロフェッショナルディベロップメントのカンファレンスです。(http://www.edcampjapan.org/)

そこで個人が関心を抱いている教育的なテーマについてまずそれぞれホワイトボードに張りだし、グループを作って話し合いを行うというセッション形式。

私は残念ながら午後から参加&早退という形になってしまいましたが、2つのセッションに参加してきました。

1つ目が「自習について」

実際に自習を中心とした学習塾のスタッフの方、そして自習の在り方を深く考えたい方、そして自分で学ばせたい方など、それぞれの立場から自習を考えており、同じく自習の在り方を捉え直し実践している私としては大変ありがたい議論の場でした。
ここで1+1について熱弁しました。これについては改めて別記事を参照できるようにしたいところですね。

2つ目が「多様な教育機会について」

実はこれまでにも教育機会の多様性、教育内容の多様性について持論を伝えさせていただく機会を持っていたので、すっと議論に入ることができました。
でもSDGsとの関連や、プログラミング教育の可能性を煮詰めて議論したことはなかったのでこちらも新鮮でした。

皆様、ありがとうございました。
こうゆう舎では議論で得た知識をどんどん実践を通じて還元していきます。

(筆)水野のりあき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です