【第5回ユースワーカー講座】おるたネット×こうゆう舎 「学びの多様化を支える思考」~1人1人の学ぶ権利はどのように保障されるか~

お知らせです!
第5回のワーカー講座はおかげさまで内容盛りだくさんの回となります!
これを機にこうゆう舎としてもスキルアップにつながればいいな~。

【第5回ユースワーカー講座】おるたネット×こうゆう舎
「学びの多様化を支える思考」~1人1人の学ぶ権利はどのように保障されるか~

「教育機会確保法」が制定され、全国的に学びの機会について考える活動が行われるようになりました。ただしまだまだ浸透していないこの法律。今回は法制定に携わった古山明男氏をお招きし「なぜ現行の公教育におさまらず、多様な教育機会が確保されるべきなのか」「公教育でてきていること、できないこと」を中心に教育機会確保法の観点からご講義いただきます。

後半は事例検討会を行います。
テーマは「最適な教育機会を提供するロジック」
参加者の方々に教育機会の多様さを知っていただきながら、どのような教育方法を提案すべきか、議論いただきます。
事例内容:学校教育に元々通っていた子が突然不登校となる。両親としてはどうにか学校に復帰してもらいたいものの、行きしぶりが強くこのままでは引きこもってしまう可能性も否定できない。児童の事情を明らかにしながら最適な教育方法が何かを考えていく。

【タイムテーブル】
13:00開場
13:20~14:00 講義【教育機会確保法のねらい】(古山明男)
14:00~14:20 質疑応答
14:35~14:40 事例検討イントロダクション
14:40~15:15 「このまま学校教育を受けさせるべきか」
15:20~15:35 各グループの結論発表
15:35~15:50 まとめ

参加のお申し込みは下記フォームよりお願いいたします。
お申し込みはこちら↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/20b0abb0522682

<参加費>
〇1回のみのご参加 1,000円
〇今後講座に参加される方
学生/2,500円(全8回)
社会人/3,500円(全8回)

 

plofile
・古山明男
1949年、千葉市生まれ。出版社勤務ののち私塾、フリースクールを主宰。補習、受験、自主性涵養、不登校児童生徒援助、教育相談など、地域のニーズに応じた教育活動を行う。おるたネット代表。
著作
「変えよう!日本の学校システム」
「教育機会確保法の誕生~子どもが安心して学び育つ~」(共著)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です